スポンサーサイト
--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニコニコ動画での活動について
2011年09月11日
 
こんばんわ、スペクタクルPです。

5月でニコニコ動画での活動を終了し、
昨日9月10日にThe Beast.の動画を削除いたしました。

Twitter(@spectacleP)にて定期連絡はさせて頂きましたが、
きちんと説明させて頂く場が必要と感じ
久しぶりにブログを書かせて頂きました。



まず第一に、動画関係者の方、日頃お付き合い頂いてる方々、
そしてニコニコ動画に携わる様々な方に
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

作品発表の場について考え直した結果、
ピアプロでのみ、活動を続けて行く事に致しました。


コメント欄が現状のようになってしまったのは
Beastという単語が琴線に触れてしまった事が原因のようです。
(検索避けのため./を挿入してあります)
淫./夢厨 - ニコ百 http://dic.nicovideo.jp/id/4516488

最初は何が起きているかもわからないまま
淫./夢のコメントの削除に躍起になったり、共通項のある単語に
フィルターをかけたりしました。混乱していました。
卑猥な単語を投稿した方をID一括指定で削除、
長文替え歌連投者のID指定で削除が
私の関与した最後のコメント操作です。

5月(6月かも)以降ノータッチで
削除要請掲示板にどなたかが申請して下さったものを
運営の方が判断して削除して下さってたんだと思います。

経緯はいろいろあったにしろ、
言論統制のような状態になっていくコメント欄を見て
ニコニコ動画で作品を発表する必要性を感じなくなりました。

また、正義感を持って下さった人達と、
動画をおもちゃとしてからかっている人達のやりとりで
コメント欄が殺伐としていくのも嫌でした。
自身の手に負えない程に色んな事が膨らんでしまい、
その様子をこれ以上見ていたくないという
身勝手な理由でThe Beast.は削除させて頂きました。


また、このような説明をするのは大変情けないのですが、
別名義の同人活動がばれたから引退したという事では無いです。
本人はばれたという意識は全くなく
(私が腐女子であることは周知の事実だと思っていたので)
去年の夏まではTwitterのフォロワーも十数人で
同人活動の告知もすればフォロー祭りも普通に参加していました。
The Beast.投稿後にフォロワーが急増し
動画のコメントが占領されたジャンルがジャンルだった事もあり
極力、発言の自粛、という形を取っていました。


動画を好きだと言って頂けた方々には大変申し訳ありませんでした。
Twitter(@spectacleP)で動画ファイルの配布を、
また、Youtubeに転載して下さっている方がいるので
ご自身で保存して頂き、ローカルな場で楽しんで頂ければと思います。

また、動画内やTwitterでも様々なコメントを頂きました。
荒らしから守ってあげられなくてごめん、と
言って下さるお気持ちは有難いのですが
沢山の人にちやほやされて守ってほしいから投稿している訳じゃなくて、
沢山の目線からの感想が欲しくて動画を投稿している人もいると言う事を
どこか心の片隅に置いて頂けたら幸いです。荒らしとアンチは、違います。
くれぐれも、他の動画に攻撃的なコメントで突撃しないようお願いします。

(また、現在ニコニコ動画に上がっている動画で
 http://www.nicovideo.jp/watch/sm12075172
 以外は私の投稿ではなく、どなたかが転載している動画です。
 私のユーザーIDはhttp://www.nicovideo.jp/user/415655です。)


もちろん現状全てを手放しで歓迎している訳ではないです。
ニコニコ動画内での様々なコメントの是非を
私が問える立場ではないですが、どんな形式のコメントも
そのジャンル内でなら自由に発言して然るべきと思います。
性的なものも、投稿者がR18の動画と明言していれば。
興味の無い人は触らぬ神に祟りなししていれば良いと思うんです。

ただ、その線を越えて相容れない場所に踏みこんでくれば
踏みこまれた側に踏み込んだ側が非難されるのは
そんなにおかしい事ではないと思います。
スペクタクルPとして発表している動画は
同人活動をしている別名義で投稿している動画ではありません。
R18の動画でもありません。
性的な表現を含むコメントは動画の趣旨に合わず、
住み分けの許容範囲を越えていると思います。
それを感じた投稿者が、また、閲覧者の方々が運営側に
「目に余る」と削除要請をしていたとしても、私は変だとは思いません。

(また、【○○用】と明記してある動画に
 乗りこんでいるスペクタクルP擁護のコメントも同様だと思います。
 非常に線引きが難しいラインではありますが、お察し下さい。)

「同人活動をしている癖に自分を棚にあげて
 同性愛差別をしている」と主張している方がいらっしゃいますが、
動画投稿後期はあくまで性的で猥褻な表現のコメントのみを
削除対象にしていた事をご理解を頂ければと思います。


また、世界の新着動画にて
「スペクタクルPが2を押せと言った」
とコメントを連投して居た方と私は関係がありません。
証拠を出せと言われても事実無根なのでどうしようもないですが、
こちらも、ご理解を頂ければ幸いです。

不快な思いをした方の目に届くかはわかりませんが、
巻き込んでしまって本当にごめんなさい。


私自身の振舞い方、
物事への明言を避ける事で非難を避けようとしていた点も
大いに反省点があると感じております。
多くの方にご迷惑と不快感を与えてしまい、
大変申し訳ございませんでした。

ブログは記事を非公開にしてあるだけで
皆さまから頂いたコメントは大切に取っておいてあります。
沢山の事を勉強させて頂きました。
ありがとうございます。


長くなりましたが、
最後まで読んで下さってありがとうございました。



スペクタクルP拝
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。